スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごみ箱爆発、乾電池や時計の破片…「時限式」か(読売新聞)

 愛知県一宮市の駐車場で24日夕、ごみ箱が爆発した事件で、現場で乾電池や時計の破片が見つかっていたことが26日、県警への取材でわかった。

 県警は、何者かが時限式の爆発物を仕掛けた爆発物取締罰則違反の疑いもあるとみて捜査を始めた。

 爆発したごみ箱は高さ約50センチのプラスチック製で、同市浅井町東浅井の県道沿いの駐車場内にある自動販売機横に置いてあった。

 捜査関係者によると、ごみ箱は上半分が粉々に砕け、破片は20メートル先まで飛び散り、空き缶やペットボトルが周囲に散乱。県警の実況見分で、散乱物の中に、時計の破片や乾電池が見つかったという。県警は爆発前後、現場周辺で不審者の目撃がなかったか捜査している。

救急医療管理加算の施設基準の届け出で事務連絡―厚労省(医療介護CBニュース)
本当にできる?全頭出荷…矛盾だらけの国の対策(読売新聞)
複製DVDを無許可販売で福井新聞記者を逮捕 福井県警(産経新聞)
<天皇、皇后両陛下>ハンセン病療養所、24日午後に訪問(毎日新聞)
小杉元文相の妻逮捕=8900万詐欺容疑―元秘書も・警視庁(時事通信)
スポンサーサイト

沖縄の日 怒りの3800人 本土復帰38年の集いで(毎日新聞)

 沖縄の本土復帰38年を迎えた15日、米軍普天間飛行場がある沖縄県宜野湾市で「平和とくらしを守る県民大会」があり、県内外から約3800人(主催者発表)が参加した。政権交代で普天間の県外移設への期待が高まった沖縄だが、鳩山由紀夫首相は県内移設への方針転換を言明。大会会場では、38年たっても変わらない基地負担と、政権の裏切りへの怒りが「沖縄差別」との言葉で次々に飛び出し、悲憤が渦巻いた。

 大会あいさつに立った社民党の照屋寛徳国対委員長(衆院沖縄2区選出)は県外からの参加者に対し「みなさんには沖縄を差別する側に立たないでほしい。沖縄の基地問題を解決するため一緒に闘ってほしい」と呼びかけた。

 宜野湾市の伊波洋一市長は「復帰後もますます基地が強化され、日本政府は県民の苦しみに無関心で、これ以上許すことはできない。普天間を閉鎖させ、新たな基地はつくらせない」と叫んだ。

 最後に「県内でのたらい回しを断念し、普天間閉鎖の対米交渉を開始せよ」とする宣言文を採択した。【井本義親】

【関連ニュース】
沖縄:本土復帰38年 今も米軍施設74%が集中
沖縄:平和行進スタート 名護市長も出席
在日米陸軍:司令官、初のネット会見…動画サイト使い回答
普天間移設:鳩山首相、審議官級協議者から報告
米国務長官:日本を下旬に訪問へ 日米同盟を再確認

天皇、皇后両陛下 皇居・宮殿でカンボジア国王歓迎行事(毎日新聞)
米運輸長官に新幹線売り込み=日本の技術力アピール(時事通信)
普天間移設 官房長官、徳之島町議と会談 「負担の分担」要請(産経新聞)
中川議員長男を「みんな」擁立へ(産経新聞)
<掘り出しニュース>鳥写真コンテスト「B-1グランプリ」に待った!(毎日新聞)

伊藤整文学賞に高橋、宮沢両氏(時事通信)

 第21回伊藤整文学賞(伊藤整文学賞の会など主催)は10日、評論部門が高橋英夫氏(80)の「母なるもの 近代文学と音楽の場所」(文芸春秋)と宮沢章夫氏(53)の「時間のかかる読書 横光利一『機械』を巡る素晴らしきぐずぐず」(河出書房新社)に決まった。賞金各50万円。小説部門は該当作がなかった。授賞式は6月18日、北海道小樽市の小樽経済センターで。 

【関連ニュース】
桑原武夫学芸賞に坪内稔典氏
ホラー小説大賞にふりーくかな氏
松本清張賞に村木嵐さん
横溝正史賞に伊与原新さん
蛇笏賞に真鍋呉夫氏

偽装献金、首相元秘書の有罪判決が確定(読売新聞)
毎日動画アワード 大賞に北海道の長瀬芳伸さん(毎日新聞)
<囲碁>本因坊決定戦第1局 11日から北海道小樽市で(毎日新聞)
人さし指以外で指紋変造テープ、審査盲点突く(読売新聞)
「金に困り…」盗んだカードで30万円分給油(産経新聞)
プロフィール

はやかわひろゆき

Author:はやかわひろゆき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。