スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

計画的犯行か 現場に大型サバイバルナイフ 横浜の弁護士殺害(産経新聞)

 横浜市中区の法律事務所で2日、弁護士の前野義広さん(42)が刺殺された事件で、現場に落ちていた凶器とみられるサバイバルナイフのような刃物は大型の殺傷能力が高いもので、犯人とみられる男は手袋をしていたことが3日、神奈川県警への取材で分かった。県警では計画的犯行の可能性もあるとみて、現場で目撃された30歳ぐらいの男の行方を追っている。

 前野さんは事務所が受任した離婚調停をめぐるトラブルを抱えていたとの情報もあることから、県警では事務所の受任案件との関連を調べている。

 県警によると、凶器とみられる刃物は事務所内の床に倒れていた前野さんの近くに落ちていた。刃渡りの長いサバイバルナイフのような刃物で、血痕が付着していたという。

 2日午後、外出先から帰ってきた事務所の女性事務員が、刃物を持った男と前野さんがもみ合っているのを発見。女性事務員が警察に通報するため、ビルの外に出た際、ビルの階段を駆け降り、北の方向に走って逃げるのを目撃した。事務員と男は面識はなく、事前のアポイントもなかったという。

 男は30歳ぐらいで身長約170センチ。白と黒のTシャツを重ね着しベージュのズボン姿で、黒いリュックサックを背負っていた。体格は細めという。

 関係者によると、前野弁護士が所属する「横浜みらい法律事務所」は主に民事事件を扱っているという。

同事務所は所長の影山秀人弁護士と前野弁護士の2人が所属。影山弁護士はオウム真理教信者に殺害された坂本堤弁護士と親しく、「坂本弁護士と家族を救う全国弁護士の会」事務局長を務めている。

【関連記事】
盗難バイクで事故、ノーヘル中学生2人が重傷 三重
職質の警察官に車ぶつけ重傷、高1少女らも逮捕 強殺未遂容疑
貧困ビジネス 別の自称NPO代表も逮捕 生活保護費詐取の共犯
警官また児童買春 容疑の交機隊員を近く立件へ 神奈川県警
「赤報隊事件を忘れたか」朝日新聞を脅迫した医師逮捕
「はやぶさ」帰還へ

「参院選目当てだ」=首相退陣表明を批判―石原都知事(時事通信)
高額報酬請求、弁護士を業務停止に=三菱自タイヤ脱落事故の訴訟で―横浜(時事通信)
<強盗>古本店から7万円奪われる…愛知・豊川(毎日新聞)
義経千本桜inロンドン(産経新聞)
「首相は辞任を」53%、内閣支持率続落19% 世論調査(産経新聞)
スポンサーサイト

トラックバック

URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメント

非公開コメント

プロフィール

はやかわひろゆき

Author:はやかわひろゆき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。